同志社の原点

同志社の原点

新島襄は135年前の日本において、「良心」と「自由」にみたされた学園を開拓する一方で、高尚な志の大切さを訴え続けました。

新島襄の志

新島襄(1843~1890)は、21歳で幕末の日本から密出国して渡米しました。人びとが奴隷扱いされ、息苦しい封建社会に束縛されることに我慢ができず、自由と人権を求めての冒険でした。
 留学中、キリスト教徒となった新島は、しだいにひとつの夢を膨らませました「自由」と「良心」に立つ人間を養成するキリスト教主義教育を日本でも、という夢です。
 10年振りに帰国した新島は、さっそく京都に同志社英学校を創立しました。同志社とは、「志を同じくする者が創る結社」です。その原点は、もちろん新島の志です。
 英語の校歌も「ワン・パーパス」です。これも「ひとつの志」、「同じ志」、すなわち「同志」を意味します。

「自由」と「良心」をベースに

 新島の夢は、「良心」と「自由」に満たされた学園と社会の実現です。彼は、日本が自由で民主的な近代国家になるためには、・人ひとりの借陛と人格が十分に尊重されることが、大事だと考えました。だから、同志社においても彼は生徒一一人ひとりの人格を尊重しました。生徒はかけがえのない「同志」でした。
 新島は「遺言」の中でも、「学生を丁重に対応すること」を教職員に望みました。この遺訓は、今も本学では大事に守られています。

志の実現には200年

 未完に終わった新島の遺志は、教え子たちなどによって引き継がれ、死後22年にしてようやく同志社大学が実現いたしました。
 生前、新島は勝海舟に「大学の完成には200年」と答えています。すでに創立130年以上を経た本学ですが、いまでも新しい学部や専攻の設置を始め、先端的教育・研究体制の整備や充実、組織の改編などに積極的に取り組んでいます。まだまだ発展途上の学園だらです。
 これからも、教職貝や卒業生はもちろん、学生一人ひとりが、同志社の「原点」である新島の志を中軸にした「同志」となって、彼が目指した大学の完成をめざします。

同志社校友会ホームページ

同志社校友会札幌支部ホームページ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第65回さっぽろ雪祭りプロジェクション・マッピング「不死鳥」

第65回さっぽろ雪祭りプロジェクション・マッピング 会場 大通8丁目 雪のHTB...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年度同志社校友会北海道支部クリスマスパーティー

同志社校友会北海道支部クリスマスパーティー 2013年12月15日 ホテルニュー...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中学生の学習=教科編=中学1年生用 札幌市立西野中学校

ー豊かな心で学習をー校長 須。田 尚一之   治ろうとする気持ちのない病人ほど治...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年優勝祝賀会

 2012年8月8日(水)千歳空港カントリークラブで行われた第13回関西六大学札...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鈴木氏送別会

送別会札幌ファクトリー南向かいの「飲茶亭」でおこなわれました。 早々におすすめの...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

同志社校友会札幌支部北海道支部総会および懇親会

平成23年6月25日(土) ルネッサンスホテル 「梅」真木、高橋、浜村、山川、町...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月3日 同志社大学北海道高校訪問

   9月1日~3日まで同志社大学の副学長松岡先生、企画部長片岡先生、...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

同志社校友会札幌支部 「木村 行宏」壮行会その2

             

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

同志社校友会札幌支部 「木村 行宏」壮行会その1

   

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

同志社校友会札幌支部 「木村 行宏」壮行会前

2010年7月12日(月)「木村 行宏」壮行会は「飲茶亭」を借り切っておこなわれ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«2010年1月15日同志社校友会札幌支部の新年例会